スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用

 以下、矢野久「戦争犯罪追及・戦後補償と歴史学―戦後日独比較」360-362頁(松村・矢野編著『裁判と歴史学―七三一細菌戦部隊を法廷からみる』現代書館、2007、所収)から引用。

……本稿ではとくに、補償運動できわめて重要な位置を占めているだけではなく、従軍慰安婦を扱う女性国際戦犯法廷に関連して積極的に発言し、かつ、自虐史観という批判に対抗して論陣を張っている高橋哲哉氏の議論を取り上げることにする。氏は日本における運動の良心とでも言えるような存在であり、その彼をここで批判の対象にすることについては躊躇しなかったわけではない。しかし氏の政治的姿勢、道徳的な真摯さとは別に、氏の議論が補償運動にとって有効な武器とはなりえないと考え、あえて氏に対する批判を公にすることにした。

 高橋氏が強調するのは「応答可能性としての責任」である。それは、「他者からの呼びかけがあったときに」それに応答すること、「他者に対する責任」を意味する。
 呼びかけには元従軍慰安婦の呼びかけもあり、「英霊の声なき声を聞け」という呼びかけもある。高橋氏によれば、どの呼びかけに、どのように応えるのかは自由に選択すればいいという。しかしこれは、呼びかけがないと応答する必要がないということであり、と同時にこの自由な選択にあたってはなんら判断基準がないということをも意味している。
 ここで高橋氏は他でもなく元慰安婦たちの証言に応答する。高橋氏によれば、元慰安婦の「汚辱の記憶、恥ずべき記憶」(傍線は高橋)を保持しそれに「恥じ入り続ける」ことが「倫理的」・「政治的可能性」を開くという。なぜ元慰安婦たちの呼びかけに責任を感じ、応答するのか。高橋氏は次のように記している。
 「汚辱の記憶を保持し、それに恥じ入り続けるということは、あの戦争が『侵略戦争』だったという判断から帰結するすべての責任を忘却しないことを、つねにの課題として意識し続けるということである。このすべての責任の中には、被侵略者である他国の死者への責任はもとより、侵略者である自国の死者への責任もまた含まれる。」(傍線は高橋)
 つまり、従軍慰安婦が存在したのかどうか、強制的であったのかどうかが、「英霊の声なき声を聞け」という呼びかけからは疑問視されている中で、高橋氏は「侵略戦争であったという判断」に責任の根拠をおき、「責任を忘却しない」ことを求めるのみである。
 しかしこれで従軍慰安婦のみならず、本稿で扱っている人体実験について、その存在自体が問題とされている中で、ドイツにあてはめていえば人体実験の被害生存者の記憶に恥じ入り、責任を忘却しないといくら叫んでも、なんら効果があるとは思われない。私はここで高橋氏の道義性を問題にしているのではない。人体実験という歴史的事実を明らかにし、その罪を明らかにすることが求められているときに、こうした道義性は役に立たない。歴史的事実を明らかにし、それを通して自ら主体的に過去を想起することが重要であろう。高橋氏にはそれが欠如している。
 人体実験があったかどうか。高橋氏の論理にしたがえば、人体実験があったという被害者の呼びかけがないと、応答しないということになる。仮にこの呼びかけに応答したとして、いかなる判断基準をもって「人体実験がなかった」というもう一つ別の呼びかけを否定するのだろうか。歴史的事実が問題にされているときに、哲学的省察でもって応答することで人体実験否定論を突破できるのだろうか。

 ところで高橋氏は、歴史的事実を明らかにするということをどのように位置づけているのであろうか。高橋氏はその著書『デリダ―脱構築』(講談社、一九九八年)で言語論にまで哲学的省察を加えて考察している。デリダを通して氏が主張したいことは、文字として記録された文書が主体からもまたオリジナルなコンテクストからも離脱するとういことである。主体の現前のみならず指示対象一般の現前にも当てはまるということで、たとえば「人体実験があった」という言表の意味は、高橋氏によれば、人体実験があったかどうかという事実とは無関係であるということになる。
 高橋氏は次のように記す。
 「オリジナル・コンテクストの権威も、オリジナルな意味の権威も、こうして失われる。そもそもマークは反復可能性のみによって構成されているのだから、オリジナル・コンテクストのオリジナリティ(根源性)に根拠があるわけではないし、オリジナルな意味の根源性や同一性も同じである。」

 人体実験の記録を想起して、次の高橋氏の言説を考えてみよう。
 「他者のテクストのなにを肯定し、なにを否定するのか、なにを継承し、なにを放棄するのか。他者の呼びかけへの応答としての解釈は、現前する主体の意識的決定の権威がもはや失われてしまったところで、それでもなおそうした決定=解釈の責任=応答可能性の構造のなかに私たちを位置づける。」
 人体実験の事実を究明することではなく、人体実験被害者の主体の権威がなくなった場所(非場所)で、それでもこの他者の呼びかけに応答することを求めているのである。人体実験の記録も根拠がないのであるから、高橋氏の言表は何の役にも立ちそうにない。
 歴史家が残された記録を集め、そこから歴史的事実を究明すること自体に高橋氏は哲学的に懐疑的なのである。哲学的根拠はないといっているのである。

 八 結論的考察
 現代の日本における状況は非常に厳しいものがある。一つは、戦時中の犯罪そのものの存在を否定する論調がますます勢いを増しているからであり、もう一つは、戦争犯罪の事実を前提として被害者の側で闘う陣営においてさえ、戦争犯罪の事実を歴史学的に究明すること自体に思想的・哲学的に疑問視する潮流が、思想界のみならずメディアの一角を形成しているからである。その意味で現代の日本の状況は、ミッチャーリヒがおかれた1950年代のドイツ医学界の状況よりもはるかに厳しいといえるであろう。
 こうした現状を打破するためにはどうすればいいのだろうか。……

スポンサーサイト
プロフィール

lmnopqrstu

Author:lmnopqrstu
lmnopqrstuと申します。
在日朝鮮人です。
2009年2月~9月のブログは
こちらです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。